ニルヤカナヤ
~琉球の遥かなる理想郷~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木の上の軍隊
「木の上の軍隊」、井上ひさしの沖縄にかけた思い。伊江島での実話を、演出家・栗山民也が舞台化。出演、藤原 竜也・山西 淳・片平なぎさ。

2010年4月に他界した日本を代表する劇作家、井上ひさしが亡くなる直前まで執筆しようとしていた作品。

戦争時、沖縄県・伊江島で、戦争が終わったのを知らぬまま、2年もの間ガジュマルの木の上で生活をした2人の日本兵の物語が描かれるはずであったが、井上の急逝により、この舞台はその初日を迎えることはなかった。

本作品は、この実在のエピソードをもとに、才能溢れる若手作家の蓬莱竜太が新たな戯曲を書き下ろし、井上ひさしがもっとも信頼を寄せた栗山民也が演出を手掛けた。(オマージュ企画)

新兵を演じるのは、演劇界をリードする俳優、藤原竜也。語る女を演じるのは、11年ぶりの舞台出演となる片平なぎさ。栗山、久々の舞台演出に意欲を見せる。上官役は、舞台・テレビドラマで活躍する山西惇。近年はドラマ「相棒」で初回からレギュラー出演。

クリック⇒伊江島 木の上の軍隊

クリック⇒<栗山民也が語る 井上ひさし 沖縄への思い
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ニルヤカナヤ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。